【過去の活動レポート】


【ご報告】

2014年9月6日、東京都港区の施設でのイベントに出展いたしました。

 

■会場

プラザ神明

(所在地:東京都港区浜松町1-6-7)

 

■実施日程

2014年9月6日(土)

 

 ■出展内容

1.イベント内の芸術交流ブースへの出展(@4階・ダンススタジオ)

 (Inseki Projectのワークショッププログラムを応用した、「ジェスチャーゲーム!!~  

  やってみよう! あててみよう!~」コーナーを設置。)

2.演劇のミニ上演(@6階ホワイエ・特設ステージ)

 (オリジナル作品『かまたき戦隊スイハンジャー』を上演)

 

 ■イベント総来場者数

約600人

【ご報告】12月14日の東松島市立浜市小学校での上演に関する記事が、16日の読売新聞の宮城県内版に掲載されました。

【ご報告】12月14日の東松島市立浜市小学校での上演に関する記事が、15日の日経新聞の朝刊に掲載されました。

 

【ご報告】

このたび、当法人の宮城県東松島市立浜市小学校での演劇公演に対し、東日本大震災復興支援財団様の「子どもサポート基金(第3期)」の助成が決定いたしました。

【ご報告】 

このたび、当法人の宮城県東松島市立浜市小学校での演劇公演に対し、株式会社ラッシュジャパン様の「チャリティバンク助成金」の助成が決定いたしました。

下記は、チャリティバンク5周年記念交流会に参加した際の様子です。

 

【ご報告】

このたび、2012年8月に実施した、当法人の宮城県石巻市河北総合センター・文化交流センターでの演劇公演に対し、中央共同募金様の「赤い羽根・災害ボランティア・NPO活動サポート募金」の助成が決定いたしました。

 

   

【新聞掲載のお知らせ】 

先月の石巻市立中里小学校での上演の模様が、12/14の石巻日日新聞に掲載されました!!

東京都目黒区目黒本町3-3-2          東急目黒線 武蔵小山駅より徒歩4分
東京都目黒区目黒本町3-3-2          東急目黒線 武蔵小山駅より徒歩4分

      【災害支援活動の報告】 

 

“被災地にラスクを届けよう”  

 

私達Inseki Projectのメンバーが

 

ご主人と共に 経営している、

 

パンとお菓子の店“Rolaso(ロラソ)”より、

 

                                                                  お店自慢のパンで作ったラスクを、

 

                                                                  6月5日、宮城県石巻市の避難所へ

           

                          お届け致しました。

 メンバーの明子さんとご主人
 メンバーの明子さんとご主人

 

 今回は、Inseki Projectがサポート協力を

 

させて頂いている、鍼灸ボランティアグループ

 

 “震災鍼灸マッサージボランティアはりきゅう便”

 

 様継続活動をしている避難所の方が 受け入れて

 

                                                                   下さるということで、現地にて鍼灸治療

                                        

                                                                    ボランティアをされる鍼灸師の先生に、

                            

                                                                    直接届けて頂く形となりました。 

   

                       ①    →           ②      →              ③         →

→             ④        →        ⑤       →               ⑥

   

                                                                      ※写真をクリックすると画像が大きくなります。

【他団体サポート活動の報告】

 

私達の活動地域の一つ、

世田谷区の国際協力団体特定非営利活動法人 

 フリー・ザ・チルドレン・ジャパン への

協力活動を報告致します。

6月12日(土)、文京学院大学・仁愛ホール

にて、“児童労働反対世界デーキャンペーン

2011”のイベントが開催されました。

この日は、「児童労働反対世界デー」に

当たり、国内外で活動されている

児童労働反対に賛同する関連団体が、

演劇上演、映画上映、パネルディ

カッション、シンポジュウムなどで、

発表及び報告や活動を行いました。

 

フリー・ザ・チルドレン・ジャパン様は、

「アクションキッズ」(こどもによる演劇集団) にて、インドの児童労働について

訴える『僕がインドで出会った子どもたち』 を上演致しました。

私達Inseki Projectは、この作品の総合演出・演技指導・キャスティングサポートなどの協力をさせて頂いたのですが、後日、観劇及び来場者の方々より、アクションキッズによる演劇が非常にわかりやすく、好評であった旨をご報告頂いております。

演劇に携わる活動に従事している私達にとっても、とても嬉しい報告であると共に、フリーザチルドレン様には、今後もぜひアクションキッズの公演を一緒に創っていきたいとお申し出頂きました。

 

Inseki Projectも今後、他団体への活動協力及びサポート体制を強化して行きたいと思っております。

2011年度 第1回

世田谷世界交流ミーティング

                               
 
日時:6月4日(土)
   午後2時~4時                     
                                                     
 
会場:文化生活情報センター5階 
   生活工房セミナールームA・B
  (世田谷区太子堂4-1-1
         キャロットタワー5階)
                                                          
 
内容:世田谷区国際平和交流基金助成事業の助成対象となった8事業の助成団体や
             区内国際交流団体の紹介と区民の方々との交流会です。 
 
                                                         Inseki Projectも世田谷区国際平和交流基金助成事業の助成対象に選ばれました。                                                              
                                                   
                                                
世田谷区内を拠点に国際交流や国際協力などに取り組んでいる団体の活動紹介と、
団体同士の交流を目的にした「第1回世田谷世界交流ミーティング」を開催します。
また、年間を通じて各団体の活動に協力いただけるボランティア・スタッフも募集
 します。
国際交流や国際協力に関心のある方々の参加をお待ちしております。
 
2010年10月に、西オーストラリアの
  
バンバリー市において、Inseki Projectの海外
 
活動として、環境問題へのメッセージを込めた
 
無声劇“LIFE”を上演してきました。                      
   
今年1月に発刊された、西オーストラリアの
 
豪日協会のニュースレター
 
“tomodachi news”に、
 
私達の公演についての記事が掲載され、冊子が
  
手元に届きましたので、ご紹介させて頂きます。                                           
                                        
豪日協会(Australia-Japan Society of WA) AJSは、姉妹都市交流などオーストラリアと
 
日本の交流活動をバックアップしてくれる
  
団体です。                 
  
昨年バンバリー公演終了後、豪日協会の
 
担当者の方より、
 
次のニュースレターに是非載せたい」
 
との連絡を頂きました。                           
                                       
2011年度の公演についても紹介して
 
下さるとのことです! 
 
こちらの記事には、昨年の上演内容や活動の紹介と、早くも次回公演について
 
触れてくれています。
            
  
こちらは、2010年10月のバンバリー公演で、
一番最初の上演場所となったBusselton Senior High Schoolにて、新聞の取材を受けた時の記事です。               
 
担当の先生方も、「人=人間関係=環境=地球という形で、とっても大切なメッセージを訴えている作品だった」と感想を述べてくれています。
 
 
無声劇“LIFE”は、この後、バンバリー市及び 近郊の小学校や大学などにて、
合計9回 上演され  ました。
 
2010年10月のバンバリー公演関係のチラシ
                                                                     
                                                                現地の大学ECU(Edwin Cowan University)の環境イベントに招待頂き、このイベントの演目に“LIFE”を公演いたしました。その環境イベントの宣伝配布用のチラシです。                         
                                                               
                                                                           Inseki Projectの名前と演目の“LIFE”も、このチラシの中に入れて頂いています。                   
                                                       
                                                              イベント当日は、100人以上の方々が観劇して下さり、好評でした。
 

                                                        トップページに戻る

 

 

  <新着情報> 2017.3.11.

◎“昨年の活動が、2016年2月20日の福島民報の朝刊で掲載されましたのでご案内させて頂きます。NEW!!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

Inseki Projectで作成した「東日本大震災・復興

応援チャリティーTシャツ」です。

詳細は“震災復興応援チャリティTシャツプロジェクト”ページをご参照くださいませ。

Tシャツのお申し込みは          White 表

 こちらから